相撲が面白くなってきたのに

横綱の日馬富士が同郷のモンゴル出身である幕内力士貴ノ岩に暴行!というビックリなニュースが飛び込んできました。

相撲の世界は体育会系でしょうし、もともと武道、格闘技なので暴力の一線をどこに引くのかは難しそうですが、ビールで殴り、頭にひびが入ったとなるとこれは暴行以外の何物でもありません。

しかも飲み会の席での意見の相違となるとパワハラを連蔵させます。

日馬富士は子供や女性にも人気があり、その影響を考えると休場もやむなしなのでしょうが横綱だけに場所はつまらなくなります。

朝青龍の時も思いましたが、やはりモンゴルというお国柄は日本の相撲にどこか馴染めないところがあるのでしょうか。それだけに、白鵬の偉大さを改めて感じたりもします。一時、低迷していた大相撲が面白くなってきたのに残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です